Dropboxを使ってゲームを公開(共有)しよう

Unityを使っておもしろいゲームができた際、どのように公開したら良いでしょうか?最近は作ったゲームをニコニコ動画やYoutubeに動画をアップロードして簡単に公開することが可能です。
しかし、これでは実際に遊んでもらうことができません。簡単に作ったゲームを遊んでもらうことができる方法があります。

STEP1:Dropboxのアカウントを作成する

Dropbox Dropboxとはオンラインストレージサービスです。Dropboxは、2Gまでなら無料で利用することができます(アカウント作成は必要です)。
すでにアカウントをお持ちの方なら、そのアカウントを使っても問題ありません。

STEP2:作ったゲームをWebplayerに書き出そう

作ったゲームをWebplayerデータにして書き出します。Webplayer用のゲームに書き出すと1つのフォルダーにHTMLファイルとUNITY3Dの2種類のファイルが入った状態でビルドされます。

http://dl.dropboxusercontent.com/u/95922688/image003.png

https://dl.dropboxusercontent.com/u/95922688/webplayer.PNG

STEP3:DropboxにWebplayerデータを入れよう

Dropboxのpublicファイルに作ったWebplayerデータ(HTMLとUNITY3Dファイル)を入れます。 https://dl.dropboxusercontent.com/u/95922688/public.PNG そして、HTMLファイルを右クリックします。

https://dl.dropboxusercontent.com/u/95922688/public3.PNG

「Dropbox → 公開リンクをコピー(パブリックコピー)」を選択します。URLが発行されます。

https://dl.dropboxusercontent.com/u/95922688/unity_webplayer_loading.jpg

そのURLにアクセスすればWebplayerゲームが再生されます
(Webplayerを再生するブラウザにはWebplayerプラグインを入れておく必要があります)。

https://dl.dropboxusercontent.com/u/95922688/image007.png   

ブラウザにWebplayerプラグインが   入っていないと上記のような注意が 出ます。

発行されたURLをemailやtwitterなどを使ってどんどん共有しよう。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-16 (火) 10:16:07 (1798d)